« しまった。 | トップページ | サーキュレーター »

2008年7月19日 (土)

伝えるってこと

暑い日が続いています。
こちらはまだ「梅雨明け宣言」は出ていませんが、まるで猛暑のまっただ中のようです。
皆さま、お身体にはくれぐれもご自愛くださいませ。

このところかなり多用な日が続いていて、ブログの更新をする元気がありませんでした。すみません。
体力の衰えをじわーっと感じるこの頃です。

さて、今日はテレビドラマのお話です。
横丁の靴や、あまりテレビは見ないのですが、先日まで好きな番組があり、8回か9回くらい連ちゃんで見てしまいました。

「Change」というものです。
木村拓哉さんが主人公で、田舎の小学校の教師がひょんなことから、権謀術数渦巻く永田町に行ってしまい(国会議員になり)、そして、総理大臣になってしまうと言うお話。
最初、予告編?か何か見たとき、「ばからしい、荒唐無稽な話やな」と思ったのですが、一話目を見ましたらもうずーっと最後まで見てしまいました。

木村拓哉さん演じる総理が国民目線でいろいろな施策をしようとし、それに反対する勢力との戦い?がおもしろかったのですが、圧巻は最終回にありました。この最終回のためにこの番組が作られた、と言ってもいいくらいのすばらしいものでした。
窮地に追い込まれ、もう投げだそうとしたときに、教え子たちの励ましなどにも助けられ、国民に自分の「思い」を伝えようとするくだり。。
いやあ、良かったです!!
食い入るように見てしまいました。
テレビドラマのなかのお話なんですよ。
それを一心不乱に見入ってしまいました。

「伝える」って、こういうことなんだ!というお手本でした。
自分の言葉で、むずかしい言葉は使わず、相手に解ってもらえるようにていねいに、繰り返し伝える。
すごかったです。
映画などでもあまりないような名シーンだと思います。

あとで、何かの番組でこのシーンについての裏話をしていました。
聞けば、20数分のこの演説シーン、木村さんとカメラマンとの二人だけでの対決?で一発OK。
すごいものです。木村さんの俳優としての素晴らしさを見たようです。

それはともかく、「伝える」ってこと、ホント大事なことです。
相手の方に解るように考えて、思いを伝えることの大切さを改めて教えてくれました。
自分にとっても考えさせられる、そして心に残る名シーンでした。

こんな番組ばかりだったら、テレビを見る時間も増えるかも。。

|

« しまった。 | トップページ | サーキュレーター »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しまった。 | トップページ | サーキュレーター »