« 【愛しの交換日記】 | トップページ | 生きていることが愉しくなる »

2015年6月 3日 (水)

向上心って大事ですよね~

昨日、「ビリギャル」って云う映画を観てきました。

Birigyaru
          映画「ビリギャル」のワンシーン



偏差値30(小学校4年生くらい)の「さやかちゃん」が

いろんな障害を乗り越えて、お母さんや塾の先生、友達に

励まされて、超難関の慶應義塾大学へ入学する、って云う

実話を元にした映画です。

最初は、単なる話題づくりの奇蹟ネタみたいなものかなぁ

って思いましたが、いやいやどうしてハンカチなくして

観られない感動ものでした(^_^;)

話は前後しますが、先週には「セッション」という映画を

観たのですが、相通ずるものを感じたのです。

Session
            映画「セッション」のPRより



ジャズドラマーにの頂点、と云うか完璧を目指して才能と

狂気がぶつかり合うあっち熱のストーリーなんですが

どちらも「つんぬけたところ」にたどり着くための「なにか」

を描き出そうとしていると感じました。

単に「向上心」なんて言う簡単なものではなく、それこそ

血と汗と寝る間を惜しんでの奮闘(努力を超えたもの)が

いるんですね。



横丁の靴やは、もうそこまでの無理はきかないけれど

もっと若い時期にこんな映画に出会っていたら

ひょっとしたら人生は変わっていたかも、ってちょっと

思ってしまいました(^_^;)


まあ、もっとも今の人生、と云うか日々に愉しさと充実感を

感じている(少しですが世の中のお役に立っているという

そんなうれしさ)ので、そこまで強烈には共感は出来ない

のですが、中学生や高校生さんには観ておいてもらって

損のない映画だなぁなんて思ったのでした。

|

« 【愛しの交換日記】 | トップページ | 生きていることが愉しくなる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【愛しの交換日記】 | トップページ | 生きていることが愉しくなる »