« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

おさピーの初Mac

今日でいよいよ8月ともサラバ。明日からは、長月9月に突入ですね。

月日の経つ速さに、少々驚きの横丁の靴やです。

Note01

        店頭に置いてある「交換日記」」です、ウフフ

ところで、当店の店頭に、お客さま方にご自由にお書きいただいて

いるノート(交換日記って呼んでます(*^_^*))があります。

そこに、一昨日遊びに来てくれたSさんが面白いことを書いて

くれていました。

Note02
        Sさんが愉しいこと、書いてくれました(*^_^*) 拡大できます

お客さまの連れてきたワンちゃんとのことを書いてくれていた

のですが、その上に横丁の靴やの「新しいおもちゃ」のことも

ばらされていました (^_^;)

しっかし、よく見てるなぁって感心してしまいました(笑)



実は、先日信州で合宿をしてきたときに、仲間のYさんが

MacBookを楽しそうに便利そうに使っていたのを見ていて

動機づけられてしまったのです。。。


店内には2台のノートPC(Windows)が動いていて、メインと

サブのようにLAN接続して使っています。

その内の一台、店の奥にプリンターなどとセットしてある

ノートがちょっと不調気味になってきました。

まあ、もう一台予備もあるので良いのですが、なんかMacって

いいなぁって思ったのです。



そこで、今後のためにもと思い、名古屋栄のアップルストアへ

夏休みの最終日出かけてきました。

やっぱり見て、さわっていろいろ試していると、ウィンドウズ

とは違った感覚にやられてしまいました。

まあ、操作感覚で云えば「大きなスマホ」みたいなんですね。

非常に直感的に使え、マニュアルなども見ないで一通りの

操作ができてしまうのです。


で、やっぱり買ってしまいました。

Mac01
      今春発売の新型MacBook。とにかく薄~いです!!

一番新しいMacBook。

プロでもなくエアーでもない、無印のMacBook。

アップルが「ノートブック」を再定義しました、って云うアレです。




いやぁ、ガジェット好きの横丁の靴やには、格好の遊び道具が

入ってきたように見られたんですね(^_^;)

もちろん、お仕事用ですよ。

購入してきて今日で5日目。まだまだ初心者ですが大凡のことは

出来るようになってきました。

Mac02
       トラックパッドが何とも使いやすいし、感動ものですね。

920グラムの軽さと小ささなのですが、キーボードのキーは

今使っているものより大きく打ちやすい!です。

そして、店内にある2台のVaioよりも鮮明な画面で、小さな

文字でもとてもはっきり見られます。

これ、いいですわぁ。。。

一発でトリコになってしまったみたいです。

店内のシステムはWindowsで組まれ動いているので、すぐには

置き換えは無理でしょうが、出張などで持ち運ぶのには最適な

ツールです。

キャリアのコースと設定変更もしてきたので、外でも自由に使い

回せます。

なんかワクワク愉しみになっている横丁の靴やです。

| | コメント (0)

2015年8月30日 (日)

「覚悟」がいるよなぁ。。

この頃思うのですが、「商い」って誰のために何のために

しているかってことを真剣に考えることがあります。

生きていく(生活していく)ための生業(なりわい)でもある

のですが、それだけじゃないってことを強く感じます。

もうすぐ63才になろうとしています。お陰さまでお店の方は

毎日すてきなお客さま方と愉しくすごしながら、まあ困らない

生活が出来ています。

Rogo

この数年の「課題」って云うと大げさですが、やりたいことの

一つに「靴難民」の救済があります。

何を偉そうに!って云われると困るのですが、30数年以上

シューフィッターとしてお客さまの足を見て歩きを視てきて

この靴なら笑顔になっていただける!ってことが多少ですが

わかるようになってきました。


もちろん、亡くなられた恩師の中尾先生から「足と靴の問題

なんて、そんな簡単なものではない。死ぬまで一生勉強だ」

と云われたことを思い出すにつけ、まだまだ精進の日々は

続くと思っています。


そして、63才。

もう少しは顔晴れるとは思いますが、この先をどうするのか?

頼りにして下さるお客さま(単に履き心地のよい靴を求める

だけではなく、愉しい暮らしを一緒におくりたい方)のためにも

この「おさだウイズ店」という「場」が永く続いていって欲しいって

思うのです。

名前とかそんなものではなく、そのような活動が出来る「場」

としての「お店(会社?)」です。

ウチの息子は農業に進んだので、彼には期待できません(^_^;)

彼には彼の人生があり、夢があり目標があるでしょうから

その「道」をしっかり歩いていってくれればいいと思います。

Owstaff

翻って、おさだウイズ店。

お客さまのために、自信を持って大好きな靴を確かな技術と

ともにお渡しできる。そんな、意思と諸々を引き継いでくれる

「ひと」を育てたい!って思っています。

人こそが「事業」のすべてだと思っています。

意中の人はいるのですが、その人のこれからを託してもらえる

だけのものがあるのか。

何か、自分の「覚悟」のようなものが問われている、って思う

この頃なんです。




いろんな意味を含めて、「覚悟」って一番大事な、核心にある

ものと強く思っています。。。

さあ、どうしようか?

悩んではいません。

ただ、先の道がまだ見えなくて、いろいろなことをしながら

考えて、そして、見つけていきたいですね。

訳の分からない雑文にお付き合いいただき

ありがとうございます!

| | コメント (0)

2015年8月29日 (土)

感謝!

今朝は久しぶりの雨音に目覚めました。

横丁の靴や、昨夜はあることをしていて夜更かしをして

しまいました。


で、ぼ~っとして起きてみると、目覚めの野菜ジュースや

サラダ、ハムエッグなどの朝食がテーブルにあります。

カミさんは、ウチの息子が農家をしているので朝早い!です。

午前4時頃には、自宅を出て行くのですが、その前に手間の

かかる朝ご飯の支度をしていってくれます。

ホント、ありがたいことです。


世の中、当たり前と思って感謝しない男衆も多いようですが

それは違う!と思います。

横丁の靴やが、やりたいように仕事に遊びに精を出せるのも

妻君あってのことです。

滅多にないことですが、のろけてみました(^_^;)


また、仕事上では当店の大黒柱である山田さんがもう25年

にもなりますが、手間のかかるおさピーをフォロー&サポート

してくれています。

こちらも本当に頭の下がる気持ちです。

ひょっとすると、山田さんの旦那さんより一緒にいる時間が

長かったりして。

ゆめゆめ足を向けて寝られませんm(_ _)m


こんな風に、うちの家内、山田さん、青木さん、そして多くの

お取引先さまの方々ににサポートしていただいて

お客さまの足・靴生活のお役に立てるお仕事が続けられる

のですね。


人って自分だけで出来ることはなかなかに限られています。

夢や思いはとても大切ですが、身近な方々への感謝が先に

くるのが大事なことだなぁって、そんな当たり前のことを

しみじみ感じた朝でした。

| | コメント (0)

2015年8月28日 (金)

頭が煮詰まる三日間!

今月の25日(火)から27日(木)まで、二泊三日で信州へ

出かけてきました。

横丁の靴やが学んでいる「ワクワク系マーケティング実践会」

の有志4人で合宿をしてきました。

2015nagano01
       窓外に野尻湖の湖面が望めるホテルにて缶詰です(*^_^*)



野尻湖の畔に建つホテルで朝から晩(と云うか明け方まで)

喧々諤々くっちゃべっているのです。

いろんなこと、商いのこと、人生のこと、多岐にわたることを

語り合って、創発のトルネードに漬かります。

今回、ゲストとして師匠である実践会主宰の小阪先生にも

ご多用の中、お越しいただき、深い示唆もいただきました。



語り合っているだけではなく、あちこちにも出かけました。

「自分達が暮らす田舎を成熟したすばらしい場所にしよう」

との信念、そこから熟まれる世界観で、今や日本の中で

独特の地位を固めているサンクゼールの久世社長さんにも

お忙しい中、お話を聴かせていただきました。

2015nagano02
        レストラン横の見晴台でワンショット
        小阪先生と久世社長さんも一緒です

2015nagano05
       久世さんのご案内でワインの醸造所も見学させて
       いただきました

深くて、ここでは簡単に書けないようなお話ばかりで感嘆

しました。


また、サンクゼールさんのすぐ近くにあるNPO法人「大地」

にも立ち寄らせていただきました。

2015nagano03
        自分たちがワクワクしてくる場所です(*^_^*)

アポも取らずに、私たちの仲間のひとりの友達と云うことで

押しかけました(^_^;)

それにもかかわらず、園長の青山さんから、これまたとても

考えさせられるお話をお聴きしました。

2015nagano04
        とっても気さくな青山さんの口から出てくる言葉は
        深くて心に迫ってきます。覚悟の持ち方が、、、、

今後の私たちの進んでいく上での、もっと言えば生きていく

と云う根源的な部分でのとても大きな糧となるようなものを

今回の合宿でいただきました。



つくづく、人ご縁って大事だなぁって思ったし、突出した

すごい人たちの持っている信念や世界観に感動を受けました。

お目にかかった方々すべて素晴らしいものをお持ちです。

横丁の靴やもほんの少しでも、そのような境地に近づけるよう

精進をと誓って帰ってきました。


本当に充実した、一生の想い出に残る「ミニトリップ」になりました。

お世話になった、すべての方々に心より感謝です。

| | コメント (0)

2015年8月25日 (火)

今日から夏休み~(*^_^*)

今日25日から28日(金)まで、横丁の靴や、「夏休み」を

いただきます。

信州の山にこもって(って大げさですが)、少数の仲間と共に

語り合ってきます。

みんな、すごい人ばかりなのでメッチャ「氣」やチカラを分かち

合えると思っています。



横丁の靴やは、いつもPCでブログなどを書いています。

今回は持っていかないので、この「ひとり言」お休みさせて

いただきます。

ただ、スマホから発信できるfacebookやtwitterは時折投稿

したいと思っています。

もしよろしければ

https://www.facebook.com/tatsuro.osada

https://twitter.com/4192master

をのぞいてみていただけるとうれしいで~す(*^_^*)

ではでは。。

| | コメント (0)

2015年8月24日 (月)

うちのお客さまはステキ!

昨日から快足楽歩カンパニー おさだウイズ店の大黒柱

やまだ、お休みをいただいています。

で、昨日の日曜日。

8月の終わりだし、大丈夫!って思っていたら、いろんな

お客さまにお越しいただき、結構混み合いました。

新学期からのお子さまの靴、早くも秋冬の新製品をゲット

したい方、初めてのお客さまですがちょっと難しい足の方。


おさだウイズ店では、お待たせをしてしまいますが

お一人お一人の方を丁寧にお相手させていただきます。

子供靴でも、甲が薄い今のお子さん達に合わせて

パッキングをしたり、左右差の大きい方ですとその差を

出来るだけ埋めるための調整作業をしたりします。

そのために店内奥のミニ工房に入る訳ですが、その時に

お得意様の方々はお客さまのご相談にのってくれたりして

上手にお相手してくれたりしています。

Note
    お待ちいただいている間に、ノートに近況を書いていただいたりされる方も
    (これは別の日の記入なんですが、こんな風にしてお待ち下さったりします)




それが、どんなにか助かることか!

まず、慌てなくてすみます。

そして、じっくり目の前のお客さまに向き合えます。

それがクォリティの高い仕事につながります。



また、「私は時間があるから大丈夫!待ってるから先にお相手

してあげて」などとご自分の順番を譲っていただいたり、他の

お客さまのためにお茶の用意をして下さったりするお客さまも。。


ありがたいことです。

そして、それをよろこんでやっていただいているのです。

本当に有り難いことです。

おさだウイズ店のお客さまは最高!です。大好きで~す(*^_^*)

| | コメント (0)

2015年8月23日 (日)

お待たせしました!

昨日、シュナイダーの商品 第一弾が入ってきました。

Sh01
         これ、ほとんどシュナイダーなんですよ~(*^_^*)
         

おみ足の細いご婦人方の守護神、シュナイダー。

絶妙の黄金比率に基づく木型とパターンの織りなす

履き心地と美しさ。


検品して格納した途端、名古屋のYさんがご来店。

「鼻が効いたかなぁ(*^_^*)」なんて、入って来られました。

早速入荷したばかりの、この娘(こ)をお連れになりました。

Sh02
          シュナイダーのショートブーツ
          サイドゴア、内側ファスナー付き

「こんなのが欲しかった!のよ」と言われて笑顔でお帰りに

なり、そのよろこびがしっかり伝わってきました。

うれしかった!ですね~

その後、「入ったら教えて!」とご要望いただいていた方々に

お電話やメールでお知らせしていたら、三重のFさんからも

お問い合わせ。

皆さま、待っておられたのですね。


はい、シュナイダー入ってきましたよ(*^_^*)

| | コメント (0)

2015年8月22日 (土)

ちょっとオーバーワーク

このところ、夏休みなのか新学期が近いためか分かりませんが

お子さま連れのお客さまや県外のお客さまが目に付きます。

昨日も、ありがたいことに、とっても遠い県の方やご家族連れ

のお客さまにお越しいただきました。


お子さまは苦手ではありませんが、いっぺんに何人かで

「あのね~、おじちゃん。僕ね~こうしてああして○○」

って集中しちゃうと、ちょっとへばります(^_^;)

、昨夜は帰宅してから、来月発行の「かわら版」の印刷を

頑張りました。

Kawarabann
          なんとか無事刷り終えました(^_^;)

お客さまへの大事なラブレター「横丁の靴やのかわら版」。

普段は二日ほどかけて印刷しているのですが、今回は

ちょっとイレギュラーな事情(どんな事情なんだよ??)が

発生して、昨日(今日の朝まで)に印刷し終えないとマズイ

ってことになりました。



夕食が済んでから、取りかかったのですが、やはり全部

印刷するのって、ちょっとオーバーワーク気味でした。

印刷するのは輪転機、二つに折るのは紙折り機がやってくれる

のですが、細かなセッティングや移動などは人の手になります。

何とか無事問題なく印刷&紙折り、やり終えましたが、、、、

バテました。

腰にきてますね(^_^;)




いつも思うのですが、もう少し余裕を持っていれば防げること

なのですが、やってしまうよう(^_^;)です。

アホな横丁の靴やの顛末記でした。



さあ、でも新しい朝が来ました。

今日は今日で顔晴っていきましょう。。。。

| | コメント (0)

2015年8月21日 (金)

言葉が深い、生き方の差か

昨日、こんな詩集を手に入れました。

Books
         大久保寛司著、文屋(bunya)出版

お友達の西さんから教えていただいたものです。

読んでいて、何かこう温かくなってくるんです。

ほのぼのとしながら、胸に熱い何かをもたらしてくれます。

忘れていた何かを。



そんなに難しいことが書いてあるわけではありません。

ごく普通の、私たちが日常に使っている「言葉」が並んで

いるのですが、それがとても深いんですね。

気負いもてらいもなく、淡々と語りかけてくる言葉。

それが人のこころの奥にある、本来持っている温かいものを

やさしく、時には強くマッサージしてくれる感じ。

横丁の靴やは、表現能力が乏しいのでうまくは書けませんが

なんかイイんです。





「おわりに」ってところに書いてある大久保さんの文章。

少し引用します。

「書きつづったものの多くは、自分に向けた言葉です

なりたい自分の姿でもあります。恥ずかしいことですが

これが今の自分のレベルです。

10年後に振り返ったとき、少しでも進歩向上している

自分でありたいと思います。」

なんと謙虚で、そしてピュアなこころの方なんだろうと

感嘆しました。

深い言葉が出てくるって、やはりそういう生き方をして

きたから出てくるのだろうって思いました。

苦しんだ重さ

悲しんだ深さ

人知れず努力してきた量

そんなものがにじみ出てくるのでしょうね。

横丁の靴やも、すこしでもそんな進歩向上をしてみたいと

思います。


大久保寛司さんが書かれているビジネス詩集。

すてきです。

| | コメント (0)

2015年8月20日 (木)

メラビアンの法則

昨日は午前中、間違った展示会へ出かけると云うドジを

踏んでしまった横丁の靴やでした。

でも、その後、午後からいつも温かくやさしくご指導をして

いただいているK先生との面談時間があり、やまだ・青木と

共にしっかり拝聴&ディスカッションさせていただきました。



いくつかの大事な気付きをいただいたのですが、その中でも

横丁の靴やにとって大事な啓示を受けたのは「メラビアンの

法則」でした。

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが1971年に提唱

したもので

・見た目が55%

・話し方が38%

・専門的内容が7%

と云うものです。ご存じの方も多いと思います。

この中で、K先生曰く「おさださんは変人ではあるけれど

見た目は普通だよね。でも、話し方が一種独特というか

ちょっと断定的できついところがあるよね」と。

Aho02
         変人でなお且つアホな横丁の靴やです(^_^;)



そうなんです。

例えば、新しいお客さまがお出でになったとき、はじめの

足の触診の際に履いてこられた靴を「失礼ですが、これは

靴じゃないですよね」などという失礼なことを平気で言って

しまうことがあったりします(^_^;)

私たちの「こうだ」と思っている靴からすると木型(つま先の

余裕だとか)や剛性(しっかりカウンターやシャンクが入って

いて変にゆがまないなど)の面から言って、問題がある靴に

「靴じゃないよね」と言ってしまう。。。。。

「あなたは正論を言っているように思うだろうが、言われた人

はどう思うか考えてごらん。人によっては、それだけでカチンと

きて、いくら良い正しいことを言っていても耳を素通りして

しまうよ」と諭して下さいました。


変人であるのはいっこうに構わないのですが、対お客さま(人)

としては、もっと丁寧に相手の方が理解できるようにしっかり

考えて言葉を選ぶのがプロってものでしょ、と!

いやぁ、まったくその通り!!です。

頭をハンマーでかち割られたような衝撃でした。

その時はクールな反応(どんな??)をしていたようですが

後になって、じっくりその言葉を噛みしめてみると、いやぁ

とんでもない思い違いをしていたものだと耳が真っ赤になるほど

恥ずかしくなりました。


この辺りのところは、ホントすぐに全面的に治さなきゃいけない

って痛感しました。

「言い方・話し方」って難しいですよね。

でも、それをいろんな角度から考えて、全くの靴の素人の方にも

すっと理解できるようにお伝え出来なければプロではない!

ということが、この年になってはじめて心底から理解できた

アホなおさピーでした。


そして、先生からまた提案があり

私おさピーが変わることは大事なんですが、人間そうそう簡単に

今までの自分からは変われない(T_T)って云われ、うちの青木に

「横丁の靴やの【取扱商品説明書】(猛獣注意(^_^;))」 を作って

店頭やネット上のコンテンツ、かわら版などの紙媒体にもすべて

添付するといいよね、って話になりました。

う~ん、大変なことになってきました(^_^;)

青木の作ってくれる「取説」、とっても効果的!だと思います。

素晴らしい!です。

でも、先ずは自分が悪いところは少しでも変えられるように努力

しなきゃ!って思ったのです。

顔晴ります。

アホな話にお付き合いいただき、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2015年8月19日 (水)

ドジやっちゃいました(^_^;)

やっちゃいました(^_^;)

昨日のブログに、「今日、三人で来春夏物の展示会へ行って

きます」って書いたのですが、日程が違っていました(T_T)


9時前におさだウイズ店で集合して、名古屋まで快調に走って

いって、一番で展示会場へ。やった~。


そうしたら、担当者が怪訝な顔を。。。。

展示会、やってはいましたが当店の扱っていないブランドの

ものでした。

展示会の案内状が、こりに凝っていて分かりにくかったのも

ありますが、横丁の靴やがしっかり確認しなかったのが原因

です。

やまだと青木に休日出勤してもらったのに、申し訳ないことを

してしまいました。

仕方ないので、バッグのお取引先さんに出向いて、商品を

調達して帰ってきました。

Aho
        遊びすぎてアホがひどくなったか??

まったくドジな横丁の靴やです。。。。。

我ながら情けなくなりました。

東京行きでなくてよかった~(^_^;) って思っています。

まあ、でも車の中、お昼ご飯の席でゆっくりいろんなことを

話し合えたから由としようと楽天的な(アホな)横丁の靴や

です~

はい、反省しています m(_ _)m

| | コメント (0)

2015年8月18日 (火)

こんがらがってきます(^_^;)

お盆を過ぎ、朝晩かなりすごしやすくなってきましたね。

もう快足楽歩カンパニー おさだウイズ店にはこの秋冬の

商品たちが入り始めています。

15aw01

15aw02
        ほんの一部をご紹介してみました(*^_^*)


もう10日ちょっとすれば、かなりの商品が入荷します。

(8~9割は入ってくる予定です)


そんな、やっと秋冬物が立ち上がりはじめる頃に、私たちは

来年春夏の商品セレクトが本番を迎えます。

早いところでは、7月から個展や内見会が始まっています。

おさだウイズ店では、総合展ではなく、必ず各社さまの個展に

出向いて、時間をかけてじっくりとお客さまのよろこばれる笑顔

を目に浮かべながら発注をしてきます。



この気温ですから、今履く靴たちと勘違いしてしまいそうです。

まあ、そんなことはありませんが、ちょっと時の感覚が分からなく

なってしまうこの頃です。


先ずは明日、三人で出かけてしっかり吟味してきますね(*^_^*)

| | コメント (0)

2015年8月17日 (月)

靴って難しい商品なんです

先日お越しいただいたお客さま。

少しお歳はいっているが、お洒落で和やかな方でした。

どうしても何を履いても”足が痛い”と云うことでお嬢さまと

お越しになりました。

足を拝見すると、う~んとたじろぐようなおみ足でした。

Itametaasi01_2

Itametaasi03
        お客さまのご了解と善意で撮影させていただきました
        無断転用はおやめ下さいねm(_ _)m


「永年靴では苦労してきているんです」と云うお話しですが

ホントとてもお気の毒でした。

これまでもそれ相応の靴屋さんで相談されてお求めになって

いたとのことですが、やはり靴が合っていなかった、と

云わざるを得ません。


ハンマートゥで各趾が曲がっていて、靴のアッパーでこすれて

硬いタコができています。

慎重に趾などを伸ばした状態にして計測し、しっかり留まる

靴をおすすめしました。

この場合大切なのは、つま先部は絶対に当たらないように

形状・容量を確保し、なおかつヒモやベルトなどでしっかり

足がホールドされる靴を選ぶ ことです。

もちろん、そのお客さまの足に対応した靴型であることは

当然のことですが。



そして、何足か試し履きをしていただくと、みるみるお顔の

表情が変わってくるのが分かります。

「靴ってこんなに気持ちよいものなの? 痛くない(^_^;)」

とのこと。

ケア用にドイツのオートペディ的な靴と、もう一足ヒモ靴で

お洒落にも履いていただけるものをお持ちいただきました。

早速その靴を履いて帰られる際の笑顔がすてきでした。



また、昨日お越しいただいたお客さま。

ちょっと堅い職場で来客をご案内したりすることの多い方

でした。

この方のおみ足はとってもきれいで問題はないように見える

のですが、やはり足先部が痛い、とのことです。

計測しても履いておられる靴やお持ちの靴も適正サイズのよう

です。が、よく見てみるとかなりゆるい感じです。

ご自分で甲高幅広と思い込んでおられ、足長的にはOKですが

ウイズがかなりゆったり目のものをご愛用でした。

それで、開張足が進んでアーチが落ち込みボール部に痛みが

出るのと同時に前滑りしてつま先も当たっていたのです。



先の方と同じように、しっかり留まる(足をホールドできる)靴で

つま先にはしっかり空間を確保できるものをおすすめしました。

そうすると、「全然痛くないし、包まれているようでとっても

気持ちがいいです」と云うことに。



つま先はゆったり、甲からかかと部まではしっくり(少しタイト目)

するようにしてあげると、足もしっかり靴内に収まり足先部に

負担がかかるようなことはなくなるわけです。

まあ、書いてみると簡単なようですが、そこはやはり経験値が

ものを言うところでしょうか(^_^;)


そのお客さまも、一足はドイツのオートペディ靴をお持ちいただき

もう一足はしっかり留められるヒモ靴をお求めいただきました。

ちょっとお洒落な柄のものなのですが、最初はシンプルで

プレーンで留めのない靴ばかりを探しておられたようなので

ビックリされたようですが、履いている内にとっても愛着をお持ち

いただき、「変身してみる!」と決められました。

ここが大事なんですね。

何でもお客さまの言われることを聞くのではなくて、きちんと

理由や訳をご説明して試していただくと、お客さまはちゃんと

理解されるのです。



こんな風にして、少しでも「靴難民」のかたが減っていくと

うれしいなって思っています。

長文お読みいただき、ありがとうございました!

だらだら書いているようですが、靴選びのポイントなどが

入っています。靴でお悩みの方、もう一度しっかり読んで

みて下さいね。

多分、これまでの「靴選び」から一歩先へイケルと思います。

※写真はお客さまのご了解をいただいて、他の困っている方の助けに

なるならとお撮りさせていただきました無断転用はおやめ下さいね。

| | コメント (0)

2015年8月16日 (日)

ああ、妄想がひろがる~

先日、四国へ出かけたとき、PAから瀬戸大橋を渡っている

アンパンマン列車を見かけました。

四国高知県はアンパンマンの生みの親、やなせたかしさん

ゆかりの土地であり、その故、土讃線、予讃線、瀬戸大橋

などを各種の面白いアンパンマン列車が走っているのだと

お聞きしました。


白いですよねぇ~

どうせ乗るのなら、そういうもの(普通とは違うもの)に

是が非でも乗ってみたいって思うじゃないですか。

こんなことも一つの地方再生の切り口なんだと思います。


残念ながらアンパンマン列車には乗れなかったので

昨年乗車してきた「鬼太郎列車」を紹介しますね。

昨年、マスターシューフィッター数名で「大人の遠足」をして

きました。幹事を任された横丁の靴やが選んだのは、山陰

出雲地方でした。

以前、出かけたとき石見によれなかったリベンジ(^_^;)をしに

いきたかったのと、境港線の「鬼太郎列車」に乗りたかった

のです(*^_^*)


米子から境港までこんな愉しい列車が走っています。

Kitarou01
       米子駅ゼロ番線から発車します

Kitarou02
       目玉おやじさんが気持ちよさそうです~

これは目玉おやじ号なんですが、もちろん鬼太郎本人(?)のものや

その他にも猫娘やねずみ男の描かれた車両も走っています。

Kitarou03
         車内もこんな感じ。天井です。

Kitarou04
         シートも目玉おやじさん、大活躍です(*^_^*)


境港は、ゲゲゲの鬼太郎の作者水木しげるさんの故郷でも

あり、いろんな施設もありますが、やはり列車はインパクトが

ありますよね。

で、

この東海地方にも、こんなユニークなキャラクター列車が

走らないかなぁと妄想してしまいます。

でも、JR東海は新幹線車両で潤っているし、リニア新幹線で

手一杯なので難しそうですが、子供達や横丁の靴やのため

にも(^_^;)、そういうの走らせてくれないかなぁ。。。。

JR九州のいろんなエンタテインメント性のある列車など

いろいろ乗ってみたい列車があります。

ああ、妄想はふくらむばかりです~~

| | コメント (0)

2015年8月15日 (土)

心の持ちようと生きる技術

こういうのを泥縄って云うのでしょうかね~ (^_^;)

Dokusyo01



渡部昇一さんの本です。

以前に読んだのですが、ちょっと気になってまた読み返して

みました。

生きていく上での基本の智恵が詰まっているように思います。

忘れていたことが少しずつ蘇る感じ。

これからこそ、自分のダイアモンドイヤーズって考えてみると

また力が湧いてきます。

人って、こころの持ちようと「視点」が大事だなぁって改めて

感じた次第です。


さあ、これからますます愉しく率直に無理なく顔晴って

いきたいものです。

訳の分からない雑文、ゴメンナサイ。

| | コメント (0)

2015年8月14日 (金)

暑さ寒さも彼岸まで

一昨日、愛知県と岐阜県の県境付近にある串原温泉へ

行ってきました。

湯上がりの肌に高原の風がメッチャ気持ちよかった!

ふと、見ると木々の葉が色づきはじめています。

2015kouyou
           秋はもうそこまで

もう、秋はそこまでって感じました。

昔から「暑さ寒さも彼岸まで」って云いますが、たしかですね。

朝方の風などさわやかに感じてきています。

と云う訳で(前置きながくてすみません(^_^;))

快足楽歩カンパニー おさだウイズ店に、この秋冬の新作靴が

いろいろ入り始めています。

例によって、ほとんど陳列していない店ですので

見てみたい、欲しい~って方は、ボソッと

「アレ見せて!」とか「やま」「かわ」なんて言ってみてください。

奥からそっとお持ちします。


全体がしっかり入荷するのは9月はじめ頃になると

思いますが、よろしかったらぜひ(*^_^*)

| | コメント (0)

2015年8月13日 (木)

おさだウイズ店の夏休み

快足楽歩カンパニー おさだウイズ店の本年の

夏休みですが、ございません。

定休日の火曜日・水曜日だけで盆の期間中も

平常通り営業 しています。


ただし、13日(木)~16日(日)までは

横丁の靴やひとりでのお相手となるため

混み合ったときは多少お待たせするかも知れませんが

よろしくお願いいたします。

店内でコーヒーやお茶でも飲みながら少しお待ち下さい。


夏休みのご案内でした。

| | コメント (0)

2015年8月12日 (水)

二人の愛は試される?

昨日、名古屋へ万年筆を求めに行った帰りに一本の

映画を観てきました。

「フレンチアルプスで起きたこと」という映画です。

Fal
         YAHOO映画より


簡単にあらすじを紹介すると、

フランスのスキーリゾート地にバカンスにやってきた

スウェーデン人一家。

二日目、山際のテラスで昼ご飯を食べている時に、突如

ごう音が鳴り響き目の前の斜面で雪崩が発生。

大事には至らず家族は無事だったが、夫が取った行動により

頼れる理想のパパ像は崩れ去り、妻と子供たちの反感を買い

家族はバラバラなってしまう

と云うものです。



ネタばらしになりますが、実は旦那は雪崩が襲ってくると

即座に”自分だけ”逃げてしまうのです。

そして、その後、奥さんから三回謝罪を求められても

「見解の違い」と言って逃げてしまったのです。

そこで、悲惨な状況になっていくわけです。

人間ですから、当然間違いはあります。

誰でも、その時に家族を絶対護れるかと云ったら自信が

あるとは云えないと思うのです。

でも、そのあとです。

素直に非を認めて謝罪すればよかったのに、、、と云うこと

なのです。

素直に自分の弱さを認めて悔い改めれば、そんな泥沼には

ならなかった、と思うのです。

まあ、それじゃ映画になりませんけども。。。。


何か問題が起こったときの対処の仕方。

これに目がいきました。

最終的には、ハッピーエンドで、旦那さんも素直な人間になって

終わるのですが、なかなかに考えさせられる映画でした。


人のこころの弱さと、それにどう向き合うのか。

永遠の問題でしょうか。

なかなかに面白い趣向の秀作でした。

| | コメント (0)

2015年8月11日 (火)

個体差

今日は久しぶりに名古屋へ出かけてきました。

横丁の靴や おさピーは結構アナログ人間でして、新しい

お客さまへのサンクスレターなどは、一枚一枚自筆で書いて

います。

これは、私の大事な仕事とよろこびの一つと思っています。

そんなサンクスレターなどを書くときに愛用している万年筆。

ず~っと、亡き父の形見のものを使っています。

国産パイロットのカスタム品で使いやすく書きやすいのですが

少し太めで小さな字がつぶれてしまうことがありました。


で、もう少し細字のペン先のものを求めたのです。

MALZEN名古屋本店に探しに行きました。

いろんなものを試し書きさせていただき、求めたのはコチラ。

Prlikan01
       ペリカンの万年筆M600


ペリカン、スーベレーンM600。

国産をはじめ、モンブランほかいろんなメーカーのものを

試させていただきました。

それで、一番しっくりしたのはペリカンのシリーズ。

ペン先が国産のものに比べて少し太めの欧州製。

ペン先と軸の太さでかなり迷いました。

Pelikan02
       ペン先は一番極細のEFを求めました

軸の太さはM800が一番かなと思ったのですが、ペン先が

どうもほんのちょっとだけしっくりきませんでした。

買い求めたM600、この商品は相手をしてくださった

販売員さん(かなりのベテランの方)がインクを付けてチェック

したときに、あっと言ってルーペでペン先を確認したのです。

細字になればなるほど、かすかな引っかかり感が出るのですが

あまりになめらかだったので、思わず違う種類のペン先かと

確かめたのです。

そんなに書き味が分かるほどの横丁の靴やではありませんが

たしかに他のものに比べて、気持ちよく書けるのです。



その販売員さん曰く「個体差ですねぇ~」と。

要するに「当たりのペン先」ってことでした。

その後も、M800にストックの違うペン先を付け替えていただき

試し書きをしましたが、やはり購入したものが一番でした。

と云うわけで、うれしい出愛をして横丁の靴やのところに

お輿入れしたペリカンです。


それで、帰ってくるときにふっと思ったのが「個体差」です。

手工業的な要素があるので、職人さんによって皆違う書き味に

なるのでしょうね。

これは試し書きをすることによって、一番しっくりくる相性の

よいものを探すことになるのですが、靴の場合はどうでしょうか。

やはり、多少の個体差はあると思います。

職人さんの力加減、経験値。そのようなものによって本当に

微妙な差は出ると思います。

また、履かれる方の感覚によっても「履き心地」は違ってきます。

その微妙な「差」をおさだウイズ店では、お訊きして、そして

感覚的に観て微調整をしています。

まあ、云ってみれば「ペンドクター」が毎回、その足に合わせて

微調整しているようなものですね。

そんなことを考えたら、結構おさだウイズ店ってすごいじゃんと

微笑みながら帰ってきました。


これで明後日からのサンクスレター書きが、ますます愉しくなり

そうです(*^_^*)

| | コメント (0)

2015年8月10日 (月)

ホント微妙に違うんです

昨日Sさまがご来店になりました。

病院の奥様なのですが、久しぶりのご来店でした。


数年ほど前に大腿骨骨頭頸部骨折をしてしまい

寝たきりになりそうだったのを、さすがですね

リハビリで乗り越えて日常生活は自分でこなせる

までになってきたとのことでした。

(10年ほど前に一度大腿骨骨頭頸部骨折をしていて、今度は別の

足をしてしまったのです)

普段の買い物にも杖やシルバーカーを使いながら出かけ

それが筋力減衰の予防にもなっているようです。

それで歩く距離が多くなってきたら、かかとの減りが気に

なってきて修理にお持ちになったのです。



で、もう一足欲しいとのことでしたので、数年ぶりと云う

こともあって再計測。

前に比べて足長が伸びてきています。それと甲の部分が

痩せて細くなってきていました。

もう一つ以前と違った特長が「左右差」が大きくなっていた

ことです。

元々、人の足って左右微妙に違います。

そうですねぇ。毎日お客さまのおみ足を計っている経験から

云いますと、9割以上の方が左右の大きさが違います。

1~2ミリくらいですと、ご本人さまもあまり感じない範囲

ですが、それ以上になるとこちらで微妙な調整をします。


そうすると、「あら、何かしてくれたの? とってもピッタリの

感じになって気持ちいいわぁ~」なんてことになります(*^_^*)

昨日も右足に比べて左の方が少し短く細い状態だったので

コルク素材を使って微妙にパッキング修正をしました。

そうしたところ、驚かれたように「わあ、ピッタリ!!なんて

気持ちがいいの!」っておっしゃります。

Wonderful

     「ワンダフル」って素晴らしい(*^_^*) 鈴木大拙さんの言葉です

回りにおられたお客さまも、自分のことのように悦んでいます。

数年ぶりだったので、もう一度最初から「靴の履き方・脱ぎ方」

をしっかりお話ししてお買い求めいただきました。



当店では、普段当たり前のようにしている微調整に改めて感動

(古くからのお客さまで、もう何十年もご贔屓いただいている

お客さまにあれほどよろこんでもらう)していただくとピンとくる

ものがありました。

こちらが当然のように思っていることでも、お客さまは知らない

ことがある んだって改めて感じたのです。

そう、人の足ってほとんど方は左右に違いがあって、ほんの少し

なら感じないのですが、それでもその差を埋めて差しあげると

お客さまによってはビックリするくらいよろこばれる、ってこと

なんですね。



毎日のようにしていると、ホント「当たりマエダのクラッカー

(古いか?こんなギャグ知っている人少ないよね)」と思って

いたので、新鮮な驚きでした。

それで、こんな風にちょっと微調整をすると、とっても気持ちよく

なるよ!ってことをお知らせしようと書いてみました。


Sさま、大事なことに気付かせていただきありがとうございました。

| | コメント (0)

2015年8月 9日 (日)

出愛に偶然はないと思う

昨日、横丁の靴やはお休みをいただいて、ある会合へ。

私が参加させていただいている商いと人生の勉強会の

「場立て」という集まりに出かけてきました。

岡崎市の郊外にある大先輩のご自宅を開放していただき

そこでBBQをしながら、いろんなことを語り合うと云う

素晴らしい時間です。

Yakikata
     Nさま、お忙しい中お越しいただきありがとうございました!

プロの方(この方も会員さんで、素晴らしい実績をお持ちの方

です)に山海の珍味を焼いていただき、舌鼓を打ちました。

Nさん、暑い中本当にありがとうございました。

岡崎は石工業が盛んな地域でもあり、その関係の会員の方も

数名おいでになりました。

まったく業種が違うのですが、いろんなお話や体験談はとても

学びになります。

皆さま、素晴らしい方ばかりでとっても勉強になりました。

また、有名ブランドを扱っているご同業の方もいて話が弾みました。



昨日は土曜日で、本来なら横丁の靴やはなかなか参加できない

のですが、やまだが「私が顔晴るから行ってらっしゃい」って

送り出してくれたのです。

参加できないはずの「場」に出させていただき、いろんな学びや

気付きをいただいていると、やはり「出愛は偶然ではない」と

思うのです。

普段考えていることや志向していることがカタチとなって

立ち現れるのだと思います。

今後の横丁の靴やの人生にいろんな影響を与えてくれるのだと

思います。感謝!ですね。

Suzume
      野生の雀なんですが、とっても人なつっこいのです

こんな野生の雀がひざや肩や手に乗ってくる、とても不思議な

体験をしたことも、何かそんな感覚を強くしてくれました。

Zさん、Hさん、そしていろんな気付きをいただいた皆さま

本当にすてきな出愛をありがとうございました。

| | コメント (0)

2015年8月 8日 (土)

勘違い

昨夜は久しぶりにTVで映画を観ました。

スピルバーグ監督の名作「ジュラシック・パーク」

やっぱりすごい映画ですね。シリーズの中でも「金字塔」的

作品ですよね。

Jp2_2
                          映画.comより


この映画でおさピーが感じた(る)ことの一つに「勘違い」が

あります。

このジュラシック・パーク。

云ってみれば「恐竜のいるテーマパーク」ですね。

大富豪のジョン・ハモンドの夢でもあったこのテーマパーク。

でも、グラント博士やサトラー博士も言っているように

いくらDNAを操作して”安全”(?)な恐竜を再現したり

コントロールしようとしても、現実的には管理なんて出来ない。

その果てがあのような結果になってしまう。

そこがこの映画の一番言いたいところだと思っています。

数学者マルコムが何度も言っている「カオス」。

確かに人間の夢と欲求や野心によって世の中が進歩する部分も

ありますよね。でも、カオスに依ってばかりではありませんが

やはりズレテくることがあることを認識していないと、大きな勘違い

に嵌まることもあるのだと思います。

この頃、感じていることにインバウンド消費に対する対応も

そうかなって思っています。

先日も出かけたとき、高速道路のサービスエリアであるコーナーが

丸ごと「免税対応」エリアに替わっていました。

まあ、見ているとCH系の観光客がいっぱい来ているのが見えると

然もありなんって思いますが、前あったあの施設はどうなっちゃった

のよって思いました(^_^;)

地方再生が謂われ、そのような訪日客相手の施設拡充・サービス

拡充も正解なんでしょうが、何か違和感を感じました。

そういったインバウンド消費に対応して営業時間や、定休日まで

変えようとしているところもあるようです。

常に「変化」していくことはとても大事で、特にこの時代そのままで

何もしないというのは逆に後退していくなんてこともあります。

ですから、営業時間やお休みの切り替えも正解かも知れませんが

そのお店や施設を愛して懇意にしていたお客さまにとって不便に

ならなければイイのですがって思います。


「正解」ってなかなか分からないので、トライ&エラーはドンドン

すべきだと思うのですが、「勘違い」によるお客さまからの離反は

避けたいなぁって思った次第です。

おさだウイズ店も勘違いしないよう、お越しくださるお客さま方の

声をしっかりお訊きして寄り添い、間違えないよう心がけたいと

思ったのでした。

そんなことを考えさせてくれる映画でした。

| | コメント (0)

2015年8月 7日 (金)

しあわせのお裾分け

香川旅行の番外編です。

私横丁の靴やおさピーは、金比羅さん詣でで途中リタイア

してしまいましたが、やまだと青木は元気に本宮まで行って

きました(エライ!)。

Kagawa13

で、御本宮神札授与所でしか手に入らない「幸福の黄色いお守り」

と「ミニこんぴら狗」のセットを授かってきました。

Kagawa14_2
        黄色いお札とこんぴら狗です

うれしい!!!!!です(*^_^*)

以前にも断念した横丁の靴やのためにいただいてきてくれた。

ホント優しい山田さんです。感謝!

私だけでは何なので、ここで公開して、ほんの少しでも「笑顔と

しあわせ」のお裾分けさせてください。

「笑顔でしあわせ。こんぴらさん!!」より。

| | コメント (0)

こんぴらさん巡り

さて、昨日に引き続いてうどん県の旅、その2です。

お付き合いいただければうれしいです(*^_^*)

二日目にどこへ行こうかと、いろいろ相談していたのですが

結局こんぴらさん(金刀比羅宮)へお参りすることにしました。

ず~っと昔、横丁の靴や四国巡りをしたときに、この金比羅さん

の門前に立ってあの階段のすごさにひるんで撤退した覚えがある

のです。はい、来たけどお参りはしていない

っていうやつです(^_^;)

Kagawa11_2
        この階段に恐れをなしてしまいます(^_^;)

青木ははじめて、やまだは3回目なのですが、せっっかく香川まで

来たのだから是が非でも上ってみようと云うことになりました。

が、ひざに問題のある横丁の靴や、あの階段は正直恐怖です。

で、ある方にご相談しましたら、途中から参道に入るルートが

あることを教えてもらいました。


それが、旧金比羅大芝居「金丸座」経由でした。

金比羅さんに行く途中にある、日本最古の現存する芝居小屋

です。国指定の重要文化財になっています。

ここがメッチャよかった!です。

Kagawa08
         国指定の重要文化財「金丸座」入り口にて

ここに車を停めさせていただき、ゆっくり中を見学させて

いただきます。

Kagawa09
         入り口にある役者さんの「出勤表」みたいなもの。
         ついたての字は直筆ですよ


Kagawa10
      内部の様子。この他にも奈落まで見せていただけます。

いろんな仕掛けや工夫が為されたお芝居小屋の中を隅から

隅まで見させていただきました。ここおすすめですよ。


金丸座を見学したあと、いよいよ金比羅さんにいどみます

(って大げさな(^_^;))。

何百段かだけスルー(ズルとも云いますが)して、途中から

参道に合流。

でもその辺りが一番急だったような(^_^;)(^_^;)

人間工学的に作られた石段ではないので、なかなかに大変です。

それに、あの暑さ。

無理はしないことを最初から考えていたのですが、案の定と

云いましょうか、横丁の靴やは途中でリタイア。。。。

Kagawa12
         おさピーはここまででリタイアです(^_^;)

でも、やまだと青木は本宮まで行く、と云うことで横丁の靴やは

涼しい大門のところで待たせてもらいました。

待つこと一時間ちょっと。

元気に二人が帰ってきました。途中からは階段もなだらかで30分

かからなかったとのこと。無事、本宮まで参詣してきました。

Kagawa14
          笑顔でしあわせ。こんぴらさん!!
          この上が本宮です(写真は、やまだと青木)

ホント、無事行ってきてくれてよかったです。

そんなこんなで、一泊二日のうどん県駆け足ツアーのご報告

でした。

お読みいただき、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2015年8月 6日 (木)

うどんツアーに行ってきました

一昨日・昨日とうどん県(香川県)にツアーに行ってきました。


香川にいる、横丁の靴やの勉強会仲間からお誘いをいただいて

いたので、やまだ・青木と出かけてきました。

うどんの名店をまわっていろんな味を賞味しよう、というものです。

それと、四国のお仲間のお店を見せていただいて勉強しようと

云う要素ももちろんあります。ミニ社員旅行みたいでもあります。

Kagawa03
        瀬戸大橋を渡って四国へ上陸です~

さて、先ずはドンさんこと川西さんの経営されている

レディースかわにしさんにお伺いして、早速うどんツアーに連れて

いってもらいます。

横丁の靴やは、以前にもこの「うどんツアー」に連れて行って

もらったことがあります。それがメッチャ美味しかったので

ぜひともやまだと青木にも体験させてあげたいと思ったのです。

Kagawa02
      店名がなんと「長田(ながた)」です(*^_^*)。ドンさんと一緒。


最初のお店は釜揚げの美味しい店。そして、ナントナント店名が

すてきです(*^_^*)

12時少し前でしたが、やはりお店のなかはいっぱいです。

出し汁がまったく違うのと麺の腰が絶妙な感じです。

青木は、感動していました。

この長田うどん店さんを出て、付近をドライブして二件目へ。

Kagawa05
       二軒目のドンさん推奨の名店です


ここは前回も連れて行っていただいたお店で、セルフでいろいろ

トッピングが出来ます。

Kagawa06
      いやぁ、メッチャ美味しかった。ごちそうさまm(_ _)m



ここでは冷やのぶっかけに天かすやらネギやらいろいろ盛りつけ

タコ(ゲソ)の天ぷらと一緒にいただきました。

いやぁここも美味しかった、です。

で、ツアーと云うくらいですからもう一軒かと思いきや女性陣は

お腹いっぱい、と云うことでゴング。

その後は、ドンさんの店に帰って、いろいろお話を伺います。

女性陣は肌チェックとお手入れトライアルをしていただき、

ますます「美しさ」に磨きをかけました(^_^;)

Kagawa04
           うれし恥ずかし、、、、こんな張り紙が(^_^;)


Kagawa07
       女性陣は美貌に磨きをかけて、、、、(*^_^*)


その後、ドンさんのお店を辞したあと、四国最大のイオン綾川店を

見学。それから二件目の、高松「CAT」さんのお店へ伺いました。

ここは、「サンダーバードの秘密基地」って横丁の靴やが勝手に

呼んでいるくらい愉しいお店です。

店内にいくつも階段があって、いろんな世界を愉しめるように

なっています。

社長の新居さんとお母さんの宮井さんからいろいろなお話を

伺いました。お母さん、いつお目にかかってもすごい!です。

ドンさんのレディスかわにしさん、新居さんのCAT(キャット)さん。

どちらも地域に根ざしながら独特の世界観を発揮している素敵な

お店です。

もう入っただけで独特のオーラって云うか空気感を持っています。

こういうお店が日本中に増えると生活者の方々のたのしみがウンと

増えるって思います。

そのためには、やはりたくさんの勉強(情報のインプット)と

いろんな実践、考えることをやめない継続性が必要ですよね。




たくさんの気付きを両店からいただきました。

皆さん、本当にお世話になりましたm(_ _)m

明日は、二日目の様子をレポートしますね~。。。。

| | コメント (0)

2015年8月 5日 (水)

さすがにバテました(^_^;)

昨日から出かけた香川県うどんツアーの様子などを

お伝えしようと思いましたが、明日以降にします。


往復870㎞越えの車の運転も腰にきましたが、もう一つ。

Kotohira

あの暑さのなかでの「金比羅さん」詣でです。

せっかく香川まで行ったのだからと、挑戦しましたが

熱中症寸前で横丁の靴やはリタイアしたのですが

やっぱりそれも影響したようです。

というわけで、今日は超簡単なご報告でゴメンナサイ。

もう寝ます(^_^;)

| | コメント (0)

2015年8月 4日 (火)

ちょっと出かけてきます(*^_^*)

今朝は4時起きです。

いつもよりちょっと早いですね。。。

今から、うどんツアーに出かけてきます。

一泊二日ですので、明日のブログは多分夜遅くの更新予定

です。

K7lt5381
        先回の四国行き、鳴門の渦潮。今回は??


うどんツアーの様子などお伝え出来ればって思っています。


では、行ってきます。

暑いので、ゆっくりゆっくり安全運転で。。。

| | コメント (0)

2015年8月 3日 (月)

ホントありがたいことです

昨日も暑い日でしたが、いろんなお客さまにお越しいただき

ました。ホント、ありがたいことです。

クラクラッとくるくらいの炎暑のなか、結構遠くから

おさだウイズ店目指してお越しいただけるって

考えてみてもなかなかにないことです。

(これって日本語変ですか?(^_^;))

With04



そんなお客さまのなかに、当おさだウイズ店の母店であった

本店(もうだいぶ前に閉店したのですが)でず~っとお求め

いただいていたKさまがいました。

多分20年以上は前の話です。

どことなく記憶のあるようなないような。。。。

「あの店がなくなってからよ~、なかなか遠くて来れんかった」

と。



いえいえ外れといっても刈谷市内の方です。

どうも、このこの郊外の一ツ木地区って同じ市内の方でも

ずいぶん遠く感じるようです(^_^;)

まあ、それはいいのですが、おっしゃるには

「なんとか適当に靴は買っとったけどよ~、どうもこの頃やっぱ

まずいぜってカミさんと話していてな~。で、今日こうして来た

んだわ~」とのこと。

足を見させていただくと、小趾側にかなりの出っ張りがあって

そこが靴ですれて、どうにもよくないとのこと。納得です。



で、しっかり見さていただき、計測をして、ご用途をお訊きすると

普段のお仕事で履く靴とご旅行などに履く靴が欲しいとのこと。

これならと云うものを数足お持ちすると、どれもピッタリ気持ち

よいとのこと。

(もちろん、小趾側の出っ張りのところはポイントストレッチャー

で伸ばすなどの調整はしますが。。)


結局

二足ほど特に気に入ったものをお求めになり帰られたのですが

その時のお言葉。

「いやぁ、車でくりゃ訳ないじゃん」

「こんな気持ちのいい靴があるんなら、もっと早く来ればよかった

俺の20年もったいないことをしたなぁ~、、、」

「すぐ近くって分かったから、これからはじゃんじゃん来るでな」

って。

う~ん、車ですと10~20分くらい。

毎日県外からのお客さまをお迎えしているおさだウイズ店の

感覚で云えばメッチャ近いようなんですが、距離感ってお客さま

によって千差万別ってことを改めて感じました。

そんな遠く感じる距離を来ていただくわけですから、ホント

やっぱり来てよかった!と云う感動、というかサプライズ(?)

みたいなものをお持ち帰りいただけるよう顔晴らなくっちゃと

いましめをいただいた日でした。



※今日は「じゃん・だら・りん」って云う三河言葉がいっぱい出てきました。

分かりました???

| | コメント (0)

2015年8月 2日 (日)

考えてばかりでは、、、

このところ、ホント炎暑とでも云うような日々が続いていますが

いかがお過ごしですか?

横丁の靴やことおさピーはやっと暑さに慣れてきました。

     (ちょっと遅いって(^_^;) 歳だもので、、、、)

それはさておき、この暑さだから日中は避けて夕方以降に

お越しくださいねぇって発信していても、ありがたいことに

その暑い時間帯にもお客さまが来てくださるおさだウイズ店

です。

これは、本当に感謝!です。

With03


毎日、新しいお客さまにお越しいただいているおさだウイズ店

なんですが、やはりと云うか靴で困っておられた「靴難民」の

方々も多いですね。


昨日もおみ足の細い、具体的に云えば24.5センチのAから

Bくらいのウイズ(足囲)、薄いおみ足の方がお見えでした。

まあ、ほとんど「靴がない」状態ですね。

でも、当店では何足かお勧めすべきものがありました。

取りあえず、すぐに履きたい一足をお持ちいただいたのですが

運が悪ければ在庫切れ(タイミング、時期的要因いろいろで)の

ことも起こりえます。その時は、少しお時間をいただいて探します。



おさだウイズ店では

多種多様なおみ足を想定して、いろんな木型(靴型)の靴を

揃えるようにしています。

しかも、今の時代にフィットするカラーリングやデザインで。

でもでも、人の感性ってもイロイロ。

なかには、この色いや、好きでない、クロなら何でもイケルから

クロがいいとか。。。。

確かにフォーマルやベーシックに用いるには、そのような色が

必要でしょうが、生活を愉しむ靴(フットウェア)にクロばかりでは

つまらないでしょ。。。

と、

おさだウイズ店の靴たちはいろんな愉しい色をまとっている。


当店は無理におすすめすることはしません。

数字も追っていませんから、最後は感性を共感していただけるか

ってところに懸かってきます。


見ていて面白い!ですね。

じゃぁ、挑戦してみようかって新しい海に漕ぎ出してくださる

方もいれば、いや遭難は絶対したくない(そんなことにはなり

ませんが)って頑なに”こだわられる”方もいます。

一度くらい”挑戦”してみればいいのに、って思っちゃいます。

「こだわる」ってよい意味もありますが、そうでない部分もあるんです。

まあ、この頃そんな会話が愉しめるおさピーになってきました。

(あっ、この話昨日のお客さまとは関係はありません念のため)






9月になれば店内かなり混んできます。

今ならゆったりといろんなご相談にのれます。


靴とおみ足に困っていて、ちょっと冒険してみようって方々

お待ちしています(*^_^*)

| | コメント (0)

2015年8月 1日 (土)

おさピー

今日から8月に突入ですね。

今年は冷夏だなんて予想だったのに、メッチャ猛暑が続いて

いますがお元気ですよね。。

でも、、、、

もう少しで秋の気配もじわ~っと濃くなってくると思います。

年は秋冬商品の入荷が早めになりそうです。

いくつかのブランドでおさだウイズ店発注の品々が

もう入ってきていると連絡を受けました。

天候などを見ながら、一気に秋冬商品展開することも視野に

入ってきています。

このブログなどでいち早くお知らせする予定ですので

よろしかったら時々のぞきに来てくださいね~(*^_^*)

Osapisanta
          おさピーで~す(^_^;)




で、タイトルの「おさピー」なんですが、先日来SNS上で

ニックネームをカミングアウト(?)しました。


この「おさピー」、実は商いの勉強会仲間のリヨンちゃんという

すてきな方から付けてもらったものなんです。

おさピーの「おさ」はおさだの「おさ」なんですが、「ピー」は

なんなのか云いますと、横丁の靴やを見ていたらピーナッツに

見えてきて、それでくっつけて「おさピー」にしたんだそうです。


えっ、ですね  (^_^;)(^_^;)

でも、本人結構気に入っていて仲間内では時々使っていた

のですが、ほらニックネームってお互いの距離を縮めてくれる

じゃないですか。

それで、使ってみることにしました(*^_^*)




なかなかにご好評なんですが、お客さまの中からは「語感の

問題で私としては【長田先生】ってお呼びしたいのに、、、」

と云う大変ありがたいご意見も頂戴しました。

ですので、「おさピー」って呼びたい方も「おさださん」でも

いいし、「長田先生」(これはお尻がこそばゆくなりそうですが)

でも構いません。


こんなニックネームもあるんだ、くらいに考えていただけると

うれしいです(*^_^*)


以上ご報告でした m(_ _)m

| | コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »